ウォーターサーバーを日本人の相性で比較

水の味はウォーターサーバーを選ぶときに重要なことの一つだと考えられます。

実際に飲み比べて選ぶのは良い方法で、いろいろなものを飲んで味を比較し、一番美味しいと思うものを選ぶのは良い方法だと考えられます。

この時には、硬度に着目すると分かりやすいです。



ウォーターサーバーの水にはミネラルが含まれているものが多いです。

ミネラルのうちカルシウムやマグネシウムがどれくらい含まれているのかを示す指標が硬度です。

硬度の高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。
結論的に言うと、日本人は軟水との相性が良いです。

日本の天然水は軟水がほとんどです。

ヨーロッパの水は硬水が多いという違いがあります。

これは岩盤に違いがあると言えるでしょう。

ヨーロッパにはミネラル豊富な石灰岩層が多くあります。そのため、カルシウムやマグネシウムが多く溶け込みます。

日本の火山にもかるシムやマグネシウムが含まれているのですが、たとえば富士山を見ても分かるように、土地が隆起していますから、地下水になるのが早い傾向があります。このために、ヨーロッパと比較すると軟水になりやすいのです。日本人は軟水の中でずっと生活をしていますから、軟水が適しています。



硬水を飲むと、重く感じてしまうこともあります。普段から飲む水ですから、最初のうちは少し変わった味がして美味しいと思っていても、そのうち飽きてしまう可能性があります。


ウォーターサーバーを比較するときには、軟水を選んでおくと無難です。